時代と季節を巡る旅へ。柳川観光列車「水都 -すいと-」

水都とは

時代と季節を巡る旅へ

柳川観光列車「水都」は、“柳川の伝統と四季の彩り”をテーマに、さげもんや白州祭など古くから続く伝統行事や柳川に咲く花を車両にデザインしています。また、城下町・柳川に息づく武家文化を象徴する「漆黒」や日本の伝統色を使用するなど、その色彩にもこだわっています。

名前の由来

「水都」という名前は、美しい水の都・柳川を表すとともに、博多弁で「好き」を表す「好いとー」にも聞こえる呼び名です。