水都とは

ヘッドマークとネーミング

時代と季節を巡る旅へ。

西鉄福岡(天神)駅から西鉄柳川駅まで特急電車で約48分。
広大な筑紫平野を駆け抜けるとそこは悠久の歴史を湛えた"水の都"。 水郷柳川は、かつて城下町としてさまざまな文化、歴史が花開き、その伝統や風物は時を越え、現在を生きる私たちを魅了し続けています。柳川観光列車「水都」は、そんな"柳川の伝統と四季の彩り"をテーマに、季節の風物詩をデザインコンセプトとしています。
水都前面

名前の由来

美しい水の都・柳川を表すとともに、緑豊かな筑後エリアを駆け抜ける列車の姿を、清らかな水の流れに重ねています。
また、博多弁で<好き>を表す『好いとー』にも聞こえるユーモアを含んだ呼び名で、福岡を代表する観光列車として、日本だけでなく海外も含めた多くのお客さまに楽しんでいただける列車です。