旅人とは

ヘッドマークとネーミング

列車に乗ったら、そこが太宰府。そんな列車を目指しました。

外観は、太宰府の様々な観光名所、内装は、6つの開運文様で構成し、
全体として日本画の世界、和テイストあふれる空間に仕上げました。
かなえたい願いの車両を選びながら、太宰府づくしの車内をお楽しみください。
旅人前面旅人ヘッドマーク

その名は、旅人 -たびと-

名づけ親は、第39代太宰府天満宮宮司・西高辻信良氏。名前の由来は、万葉集の代表的な歌人・大伴旅人(おおとものたびと) 。大宰帥(だざいのそち)として大宰府に赴任した旅人は、この地で多くの歌を残したとされています。また旅人は"たびびと" と読めるため、太宰府を旅する列車という意味も込められています。