列車紹介

外観

外装は、太宰府を巡る旅。

車体カラーは、淡いピンクで構成。
そこに伝統的な和文様・麻の葉を配置することで、
歴史と風情のある街・太宰府を感じていただけるようにしました。
  • 太宰府天満宮
  • 御神牛 心字池・太鼓橋
  • 梅ヶ枝餅
  • だざいふ遊園地
  • 観世音寺
  • 戒壇院
  • 榎社
  • 竈門神社
  • 九州国立博物館
  • 水城跡
  • 宝満山
  • 大宰府政庁跡・ 四王寺山

内装

車両別に、6つの開運テーマを設定しました。

内装は、車両別に6つのテーマ

《学業成就、健康長寿、厄除け、安産、家内安全、縁結び》

を設定し、それを表す和文様で構成しました。
ぜひ、かなえたい願いの車両を選んでご乗車ください。

先頭車両・カウンター

先頭車両(1号車・6号車)

180°広がる視界、前方の景色と運転席を見渡せる最高のポジション。シックなダークブラウンと梅模様で構成した特別シート(12席)は、お子さまはもちろん大人の方にも楽しんでいただけるスペースです。

カウンター・スタンプ台(3号車)

太宰府のお土産などを展示する
特別カウンターを設置しました。
記念スタンプを設置。
旅の記念にぜひご利用ください。

【PRツール専用ラック】
ドア横には太宰府観光に役立つリーフレットやチラシを常設。太宰府巡り に、ぜひご活用ください。