本物の
オープントップバスに
乗ってみよう!

ご予約はこちら
  • キッザニアでミニオープントップバスに乗ろう
  • キッザニアでミニオープントップバスに乗ろう
キッザニアとは
キッザニアとは
こどもが主役の街

キッザニアは楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。
本格的な設備や道具を使って、こども達は大人のようにいろいろな仕事やサービスを体験することができます。
キッザニアでは、仕事をしたら、お給料として専用通貨「キッゾ」がもらえます。キッゾは買い物を楽しんだり、サービスを受けたりすることに使えます。

キッザニア公式HPはこちら
みんなが体験した様子を見てみよう!
福岡オープントップバスとは

福岡市内の主要観光スポットをご案内する屋根のない2階建てバスです。
“アジアの玄関口”である福岡市内の観光地や天神地区・博多地区・シーサイドエリアなどの都市間を周遊します。乗るだけで楽しめる、アトラクションのようなバスです。
また、福岡オープントップバスでは、バスアナウンサーが乗車し、福岡の魅力や旬の情報、運行ルート上のオススメ観光スポットをご紹介しています。

オープントップバス公式HPはこちら
オープントップバスのひみつ
  • オープントップバスのナンバープレート

    オープントップバスのナンバープレートは、「2420」または「2421」になっています。これは、「にしてつ」を数字で表現しているから、なんです!
    パビリオンのオープントップバスもナンバーが何になっているか、是非見てみてくださいね!

  • オープントップバスって実は・・・

    オープントップバスは実は、日本初の国産オープントップバスなんです!“日本初”っていうのはどんなことでも誇らしいですね♪

  • オープントップバスの高さ

    オープントップバスに乗車した際の目線の高さは一般的な成人男性の場合、約3.2mの高さになります。これは路線バスの天井の高さと同じなんです!意外に高いと思いませんか?

  • オープントップバスの意外な活躍

    通常のコース運行以外にも、どんたくのパレードや福岡ソフトバンクホークスの優勝パレード、福岡マラソンのスタート台にも使われたことがあるんです!実は、いろんなところで活躍しているんですよ♪

パビリオン案内
福岡オープントップバスを
モチーフにした観光バスに乗ろう!

実際の車両と同様に屋根がなく、約 10 分の1 のサイズで特別に製作した車両で、 バスアナウンサーの仕事を体験いただけるとともに、キッザニアの専用通貨「キッゾ」を使い、お客さまとしても楽しめるパビリオンとなっております。
バスアナウンサーの仕事は、観光バスに乗り、お客さまにキッザニアの街並みを案内していただくことはもちろん、お客さまのお出迎え・お見送りも体験していただきます。

アクティビティの流れ
バスアナウンサーの体験
お客さまとして乗車する場合
バスアナウンサーってどんなお仕事?
実際にオープントップバスでアナウンスをしているバスアナウンサーのお仕事の流れをご紹介します。
  • 乗車されるお客さまを、出発地点である福岡市役所前でお出迎えします。

  • バスが出発すると、いよいよアナウンスの出番です!
    運行中は、バスアナウンサーが感じる福岡の魅力や旬の情報、運行ルート上のオススメ観光スポットを街並みに合わせてアナウンスします♪

  • ツアーが終わったら、到着地点の福岡市役所前に戻ってきます。
    お客さまを笑顔でお見送りして、ツアーは終了です。

オープントップバスのバスアナウンサーにインタビュー!
実際にオープントップバスに乗務しているバスアナウンサーに、お仕事についてインタビューしてみました♪
中田 妃那(なかた ひな)さん
Q1.普段のお仕事の内容を教えてください!
A1.オープントップバスでバスアナウンサーとして、チケットの確認、出発前の安全確認、運行中の観光名所のアナウンス、乗車後のお見送りなどを行っています。
Q2.バスアナウンサーになろうとしたきっかけは何ですか?
A2.もともとアナウンサーのような、話す仕事をやってみたいと思っていた中、オープントップバスのバスアナウンサーをしていた学校の先輩から紹介をうけたことが最初のきっかけです。
幼い頃から見慣れている福岡の街を、高い目線からみるとどんな風に見えるんだろう?と興味があったこと、また、福岡の街が大好きなので、バスアナウンサーの仕事を通して、街の魅力をお客さまに伝えていきたい!と思ったことがきっかけで、オープントップバスのバスアナウンサーになりました。
Q3.お客さまを楽しませるために心掛けていることはありますか?
A3.アナウンスをするときは、主要な観光名所のことはもちろんご案内しますが、今見えている景色の中で起こっていること(例えば、バスに向かって手を振ってくれている人や、当日開催しているイベントなど)を必ず盛り込んでアナウンスするように心がけています。
事前に、アナウンスのネタになるような情報を集めておくことも欠かせません。
Q4.バスアナウンサーを体験されるお子さまたちに、アナウンスのコツを教えてください♪
A4.お客さまに楽しんでもらうためには、自分が楽しんでアナウンスをすることが一番大切です。
自分が楽しむことで、お客さまもきっと同じ温度感で楽しんでもらえると思います。
キッザニアでも、ぜひ、楽しむことを忘れずにバスアナウンサーのお仕事を体験してみてください♪