3000形
  1. 西鉄(にしてつ)くらしネット-HOME >
  2. 電車情報 >
  3. 車両のご紹介 >
  4. 3000形
運行状況

電車遅延証明書

福岡〜熊本(ひのくに号)高速バス運行時刻

車両のご紹介

3000形

3000形

平成18年3月、600、700形の代替となる通勤電車として当社初のステンレス車両3000形がデビューしました。

 

車体は車体幅を従来の2670mmから2724mm(車側灯含まず)に拡幅することで客室面積を拡大しています。

 

構体は側構体を耐食性の高いステンレス鋼とし省メンテナンス化、省エネルギー化を図っています。構体は一般的なスポット溶接からレーザー溶接にすることで溶接痕が目立たない、きれいな外板を実現しています。また、先頭構体は独自性を出すため意匠性にすぐれた普通鋼としています。

 

客室は、片側3扉とし、側出入口間に2人掛けの転換式クロスシートを5脚、車端の一般部に4人掛のロングシートを1脚設けています。またクロスシートを全て転換式とし、クロスシートと側出入口の間に防風板を設置することで座席に座られたお客さまのプライベート空間を確保しています。

 

3両固定編成及び5両固定編成M1車の制御装置には、通常走行時の1C2M-VVVF制御の他に、1C4M-VVVF制御、CVCF制御と3つの制御モードをもたせたトリプルモードを採用し、冗長性の向上を図りました。インバータ群故障時またはSIV故障時においても営業走行継続が可能となっています。

2007年には「車体組み立てへのレーザー溶接技術の初採用」、「急行用車両としての高品位な客室サービスの提供」、「短編成用として適切な故障対策」といった特徴が評価され、「ローレル賞」を受賞しました。

編 成 20編成=60両

★印は車いすスペース、ベビーカースペース設置車両(平成28年4月現在)

 3両×8編成=24両
Tc1 M Tc2
★3001 3301 ★3501
★3002 3302 ★3502
★3006 3306 ★3506
★3007 3307 ★3507
★3015 3315 ★3515
★3016 3316 ★3516
★3017 3317 ★3517
★3018 3318 ★3518
 2両×8編成=16両
Mc Tc -
★3103 ★3503 -
★3104 ★3504 -
★3105 ★3505 -
★3108 ★3508 -
★3113 ★3513 -
★3114 ★3514 -
★3119 ★3519 -
★3120 ★3520 -
 5両×4編成=20両
Tc1 M1 T M2 Tc2
★3009 3309 3409 3609 ★3509
★3010 3310 3410 3610 ★3510
★3011 3311 3411 3611 ★3511
★3012 3312 3412 3612 ★3512

諸 元

 3両×8編成=24両
項目 Tc1 M Tc2
車体 長さ 19500mm
2770mm(車側灯含)
高さ 4096mm 4170mm 4096mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 118(44)名 131(56)名 118(44)名
制御方式 - VVVF -
モーター出力 - 175kw×4台 -
ブレーキ方式 空制 空制・回生 空制
製造初年 平成18年
 2両×8編成=16両
項目 Mc Tc -
車体 長さ 19500mm -
2770mm(車側灯含) -
高さ 4170mm 4096mm -
扉数(片側) 3扉 -
定員(座席) 118(44)名 118(44)名 -
制御方式 VVVF - -
モーター出力 175kw×3台 - -
ブレーキ方式 空制・回生 空制 -
製造初年 平成18年 -
 5両×4編成=20両
項目 Tc1 M1 T M2 Tc2
車体 長さ 19500mm
2770mm(車側灯含)
高さ 4096mm 4170mm 4096mm 4170mm 4096mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 118(44)名 131(56)名 131(56)名 131(56)名 118(44)名
制御方式 - VVVF - VVVF -
モーター出力 - 175kw×4台 - 175kw×3台 -
ブレーキ方式 空制 空制・回生 空制 空制・回生 空制
製造初年 平成21年
3000形ローレル賞
3000形ローレル賞

2007年 鉄道友の会ローレル賞受賞時の晴れ姿