600形
  1. 西鉄(にしてつ)くらしネット-HOME >
  2. 電車情報 >
  3. 車両のご紹介 >
  4. 600形
運行状況

電車遅延証明書
お知らせ

北朝鮮からの弾道ミサイル発射の情報を受信した場合の列車の運行について

車両のご紹介

600形

600形

平成2~3年度に11両、大牟田線より転籍しました。また、それ以降は、平成15年に619編成、平成17年に616編成が転籍しました。

車体は、片側3扉とし、座席は全てロングシートとしています。 外部色はオキサイドイエロー色の車体に、ボンレッドの帯を配しています。
平成25年度より、600形車両への車いすスペースの設置を開始しバリアフリー化を図っています。
平成27年1月の614編成転籍、313形315編成の引退により、貝塚線で運用する車両はすべて600形となりました。

編 成 8編成=16両

★印は車いすスペース設置車両(平成29年4月現在)

 2両×8編成=16両
Mc Tc
★601 ★651
★602 ★652
604 654
★606 ★656
★608 ★659
★614 ★664
616 666
★619 ★669

諸 元

 2両×8編成=16両
項目 Mc Tc
車体 長さ 19697mm
2740mm
高さ 4245mm 4105mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 139(52)名 139(52)名
制御方式 抵抗 -
モーター出力 120KW×4台 -
ブレーキ方式 空制・電制 空制
製造初年 昭和37年