Entry

特集記事

うきはせれくと<うきはショートトリップ>(3)

うきはせれくと<うきはショートトリップ>(3)

夏の休日は、うきは市にでかけませんか。福岡市内から西鉄電車とバスを乗り継いで訪れやすい場所でありながら、小旅行気分を味わえるうきはには、足を運びたくなる素敵なスポットが点在しています。この時期だけの名物や新しい魅力的なお店を訪れるショートトリップを楽しみましょう。全3回の第3回は「うきはせれくと」です。

‟うきはのいいもの”が集まるセレクトショップでおみやげ探し

地域のおいしいものや素敵な工芸品との出会いは旅の楽しみのひとつですね。うきはならではのおみやげを探すなら、吉井地区に店舗を構える地域型セレクトショップ「うきはせれくと」に行ってみましょう。

2020年7月にオープンした「うきはせれくと」。「おうち&おそとを繋ぐティータイム」をコンセプトに筑後地域で生産されるお茶をはじめ、お茶に合うお菓子や道具、厳選した地域の特産品などを扱っています。

茶葉は、お茶の栽培が盛んな筑後地方のなかでも、「うきはの山茶」、「楠森堂」、「堀江銘茶園」といったうきは産の茶葉をメインに取り扱っています。煎茶やほうじ茶、和紅茶など種類もさまざま。

自然のなかで育った樹齢100年を超える茶樹から収穫される「在来種」のお茶を栽培する「楠森堂」。日本古来のお茶の味を味わえる希少な茶葉です。「うきはせれくと」がプロデュースした「楠森堂」の茶葉と薬草茶「tsuchinoca」を組み合わせた日本茶ベースのハーブティーも販売しています。

また、オリジナル商品の「うきはバターサンド」(1個 520円)にも「楠森堂」の在来茶を使用。うきはの洋菓子作家「ふくのつま」とコラボレーションしたもので、サクッと香ばしいクッキーに、ホワイトチョコ入りのバタークリームを挟んだリッチな味わいのスイーツです。お茶のほろ苦さとほどよい甘さ、バターの風味が見事にマッチしたバターサンドは、ぜひ味わって欲しいおいしさです。

こちらもオリジナル商品の「れん乳」。うきは市の松野牧場の牛乳と種子島産のさとうきび、、「楠森堂」の在来茶を使用したもので、在来茶れん乳、ほうじ茶れん乳(各780円)があります。さまざまな使い方ができますが、フレンチトーストやアイスクリームにも合うそうですよ。

オリジナル商品のほかに、セレクト商品も充実。特産品が豊富なうきはのなかから、「うきはせれくと」のコンセプトに合ったものを厳選しています。「九州三大麺どころ」のひとつに数えられるうきはで作られる麺類も並びます。

お茶に加えてコーヒーも。こちらはうきはで自家焙煎を行う「KIRITO COFFEE ROASTERS」のコーヒー豆です。こちらでみつけたお店を訪ねて回るのも楽しそうです。

隣には、散策の休憩に立ち寄りたいフルーツスムージー&ソフトクリームのテイクアウト専門店「UKIHA STAND!」があります。「うきはせれくと」の系列店で、松野牧場の牛乳を使ったソフトクリームやKIRITO COFFEE ROASTERSのコーヒーを楽しめます。まずはこちらでひと息ついてから買い物を楽しむのもいいですね。

●うきはせれくと

住所:うきは市吉井町1366-1
電話:0943-73-7793
営業:11:00~16:00
定休日:火・水曜
アクセス:西鉄バス「吉井中町」バス停より徒歩3分
ホームページ: https://shop.ukihaselect.jp/
Instagram: @ukiha.select

※記載している情報は2022年8月のものです。営業時間や定休日、価格は変更になる可能性があります。価格は特別な記載がない限り、税込みで表記しています。

この記事をSNSでシェアする

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

Related posts

こちらもチェック!