Entry

特集記事

サウナラボ フクオカ<冬はポカポカ、温活しよう!>(1)

サウナラボ フクオカ<冬はポカポカ、温活しよう!>(1)

もうすぐ寒い冬がやってきますね。この時期からさまざまな「温活」に取り組んで、寒さに負けず温かく過ごしませんか。空前のブームを巻き起こしているサウナや滞在が楽しくなる工夫が満載の温浴施設、食べて体の中から温まる料理を紹介します。全3回の第1回は福岡市祇園町「サウナラボ フクオカ」です。

気分はフィンランド!木の香りに癒される女性専用サウナ

以前は、サウナというと男性が集うイメージでしたが、ここ数年のブームによって、女性の“サウナー”も急増中。サウナを始めてみたいと思いながらどこに行けばいいのかわからないという女性におすすめしたいのが、2020年8月にキャナルシティ博多のすぐそばにオープンした「サウナラボ フクオカ」です。女性専用のサウナは今のところ九州唯一。近県はもとより全国からサウナ好きの女性が訪れているそうですよ。

系列店の男性専用サウナ「ウェルビー福岡」と同じビル内にありますが、受付が異なるのでご注意を。「サウナラボ」は1階に位置しています。このかわいい扉を目印に訪れてくださいね。

「サウナラボ フクオカ」はサウナ文化が盛んなフィンランドをイメージした造りになっています。店内の随所に白木をふんだんに使い、温かみのある雰囲気を演出しています。こちらはゆったりとくつろげる休憩スペース「フォレストリビング」です。

サウナは大きさや温度が異なる4種のサウナが用意されています。2~3人が入れるかわいいかまくら型の「ドームサウナ」は、施設内で最も高温となる約80℃のサウナです。

各サウナのストーブには、ストーンに水をかけて蒸気を発生させる「セルフロウリュ」も用意されています。サウナ用のウッディなアロマ入りの水をかけると、いい香りと共に蒸気が立ち上り湿度や体感温度がアップ。コンパクトな「ドームサウナ」はロウリュの効きもいいですよ。

自分の時間を過ごしたい方には「ロフトサウナ」がおすすめ。ロフトの上下に1人用のスペースがあり、プライベート感たっぷり。さらに、完全個室のサウナ室もあります。

4~5人が一度に入れる「フォレストサウナ」はもっともオーソドックスなサウナ。程よい温度で初心者の方にもおすすめです。

汗をかいたあとは-25℃の「アイスサウナ」でクールダウン。水風呂ではなく、サウナ後に屋外で外気浴をするのが一般的なフィンランドスタイルを取り入れています。

水分補給のフリードリンクも充実。冷たい水やハーブティー、温かいコーヒーやお茶なども用意されています。

滞在は3時間コースとフリータイムの2コースから選べます。入館料には、目深にかぶって頭や髪を熱から守るサウナハット、ポンチョ、サウナに入る時に体に巻く布、バスタオル、フェイスタオルがセットになっているので手ぶらでOK。サウナに出入りしながら、「フォレストリビング」でゆっくり過ごしましょう。シャワーやパウダールームも完備しています。

オリジナルのサウナハットやフィンランドのサウナグッズの販売も。おしゃれなグッズがあればますますサウナを楽しめそうですね。

「サウナに決まった作法や入り方はありません。“整わなければ”などと思わず、自分が心地よいと感じる入り方で心身ともにリラックスしてください」とスタッフの佐川さん。初心者でも訪れやすい雰囲気がうれしいですね。サウナが気になっている女性も、「サウナラボ 福岡」でサウナデビューしてみてはいかがでしょうか。

空きがあれば当日受付も可能ですが、人気の施設なので、予約でいっぱいになっていることも。事前にホームページでチェックして出かけましょう。

●SaunaLab Fukuoka(サウナラボ フクオカ)

住所:福岡市博多区祇園町8-12 ロータリー大和1F
電話:なし
営業:12:00~21:00、金曜12:00~23:00、土曜11:00~23:00、日曜11:00~21:00
定休日:不定
料金:3時間 2,200円、フリー 3,300円 ※ホームページからの予約優先
アクセス:西鉄バス「キャナルシティ博多前」バス停より徒歩2分
ホームページ: http://saunalab.jp/fukuoka/
Instagram: @saunalab

※記載している情報は2022年11月のものです。営業時間や定休日、価格は変更になる可能性があります。価格は特別な記載がない限り、税込みで表記しています。

この記事をSNSでシェアする

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

Related posts

こちらもチェック!