Entry

特集記事

ノリーノ<おしゃれ&おいしい“裏”西新>(2)

ノリーノ<おしゃれ&おいしい“裏”西新>(2)

大きな商業施設や賑やかな商店街がある一方で、個性的な店舗も多く、まち歩きが楽しい西新エリア。特に最近は、路地裏におしゃれなお店が続々とオープンしていて、注目度が再上昇しています。新しい出会いを求めて、メイン通りから一本入った“裏”西新を散策してみませんか。全3回の第2回は「ノリーノ」を紹介します。

商店街から住宅街に移転オープン、15年以上親しまれるカフェ

西新の中西商店街で約15年親しまれたカフェ「NORYNO(ノリーノ)」が2021年7月、祖原の住宅街の一角へ移転しました。「以前の店が手狭になったことと、静かな場所でゆっくりと営業したいと思いました」と店主・川﨑規弘さん。移転前は昼・夜の食事とワインが中心でしたが、現在はランチとデザート、福岡市飯倉にある姉妹店「26(ヴァンシス)」の焼き菓子の販売がメインです。

事務所として使われていた場所を改装した店内。アンティークの家具が配され、落ち着いた雰囲気が漂います。

ランチ(1,600円)は月替わりのメニューで提供されます。取材時の8月は、メインのラザニア、サラダ、デリ2種、パン、ドリンクでした。2022年9月のメインはハンバーグです。

料理はなるべく地産地消を目指し、農家さんから直接野菜を仕入れたり、産地に出向いて購入したりしているそうです。味やボリュームはもちろんのこと、彩りのよさや盛り付けのおしゃれさもカフェならではの満足感があります。

ショーケースに並ぶケーキは九州産の小麦を使って作られています。テイクアウトのほか、+50円とドリンクの注文でイートイン可能です。バターやアーモンドの香りをしっかりと感じるザクっとしたタルト生地に、フレッシュなシャインマスカットが並ぶ「シャインマスカットのタルト」(テイクアウト520円、イートイン570円)など、季節のケーキを含め10種前後が用意されています。デザートはほかに、移転前からの人気メニュー「フレンチトースト」(注文は14:00~)もありますよ。

川﨑さんの奥さまが飯倉で営む人気のカフェ「26(ヴァンシス)」の焼菓子も購入できます。クッキーやスコーンなどを詰め合わせて贈り物にするのもおすすめです。

移転して居心地のよさも空間も進化した「ノリーノ」。これからも“西新のカフェといえば「ノリーノ」”と、多くの人に親しまれることでしょう。

●NORYNO(ノリーノ)

住所:福岡市早良区祖原11-10
電話:092-404-1600
営業:12:00~18:00 ※ランチ~14:00、イートイン~17:30
定休日:月曜
アクセス:西鉄バス「城西三丁目」バス停より徒歩3分、「修猷館前」バス停より徒歩5分
Instagram: @noryno_fukuoka

※記載している情報は2022年9月のものです。営業時間や定休日、価格は変更になる可能性があります。価格は特別な記載がない限り、税込みで表記しています。

この記事をSNSでシェアする

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

Related posts

こちらもチェック!