Entry

特集記事

TuTu<旬をまるごと!りんごスイーツ>(2)

TuTu<旬をまるごと!りんごスイーツ>(2)

赤くて丸いりんごは見てかわいい、食べておいしいフルーツですね。旬を迎えるこの時期に、りんごをまるごと1個使ったスイーツを楽しんでみませんか。冬にうれしい焼きりんごや懐かしくも新しいりんご飴など、さまざまなりんごスイーツをご紹介します。全3回の第2回は福岡市城西「TuTu(チュチュ)」です。

カリッとジューシー、おしゃれに進化したりんご飴

ここ数年人気に火がついているスイーツのひとつ、りんご飴。昔はお祭り屋台の定番でしたが、可愛くおしゃれな見た目はもちろん、味にもこだわったショップが次々と登場し、これまでのイメージが一新されています。

2022年8月に福岡市西新にオープンした「TuTu(チュチュ)」は、りんご飴とソフトクリームのお店。

店内の絵に描かれた2人の女性は、幼い頃バレエ教室に一緒に通った親友同士。バレリーナになることは叶わなかったけれど、夢をあきらめない気持ちをここで表現したというストーリーをもとにお店づくりをおこなっているそうです。グレーを基調にしたスタイリッシュな店内でイートインできるほか、テイクアウトも可能です。

「りんご飴 プレーン」(500円)。大きなりんごをまるごとひとつ赤い飴で包んだ、正統派のビジュアルがかわいいですね。りんごの品種は、11~7月頃は甘味と酸味のバランスがいい「サンふじ」。8~10月頃は「ジョナゴールド」や「ふじ」などが選ばれています。

まるごとかじるのもりんご飴の醍醐味ですが、食べやすくカットしてもらえます(+100円)。飴のカリッとした食感と甘さに負けないほどシャリッとジューシーで甘酸っぱいりんごの味わいが際立ち、もうひとつと手が伸びるおいしさです。まるごとテイクアウトの場合は、上手なカットの仕方を教えてもらえます。

プレーンに加え、定番商品は「シナモン」、「ココナッツ」、「そのぎ抹茶」、「ミルク」、「ココア」(各600円)の全6種類。

季節限定商品もあり、今の時期は「ストロベリー」(700円、カット込750円)もラインナップしています。

もうひとつの看板メニュー「チュチュソフト」(480円)。店名の由来であるバレエの衣装・チュチュのようなたっぷりとしたフリル状のソフトクリームが美しいですね。糸島市「伊都物語」の生ミルククリームを使い、ソフトクリーム業界のトップブランド、イタリア「カルピジャーニ」のサーバーで作られるこだわりのアイスクリームは、なめらかな口当たりとミルク感たっぷりの味わいがたまりません。また、塩が効いた白いコーンがソフトクリームの甘さを引き立てています。西鉄天神大牟田線「白木原」駅そばにある「豆香洞コーヒー」の豆を使ったコーヒー(450円)と一緒に味わうと両方のおいしさが倍増するので試してみてはいかがでしょうか。

そのほか、ソフトクリームがのったプリンやクリームソーダ、ミルクシャーベットなどのスイーツも楽しめます。

立ち寄りやすい西新エリアの中心部に位置し、隣にはたい焼きやわらび餅ドリンクがメインの系列店「福丸茶房」もあります。りんご飴をしばらく食べていない方にこそ、進化した味わいを体験してほしいと感じたお店でした。

●TuTu(チュチュ)

住所:福岡市早良区城西3-21-27 美食街B-dish 101B
電話:092-400-0754
営業:12:00~24:00
定休日:不定
アクセス:西鉄バス「脇山口」バス停すぐ、「西新パレス前」バス停より徒歩4分
Instagram: @tutu_cafe_fukuoka

※記載している情報は2023年1月のものです。営業時間や定休日、価格は変更になる可能性があります。価格は特別な記載がない限り、税込みで表記しています。

この記事をSNSでシェアする

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

Related posts

こちらもチェック!